ご利用案内

キリストの愛と確かな医療をもって心と体のいやしをめざします。

診療科のご紹介

近年日本では、子供が欲しいと願っても、なかなか妊娠できないご夫婦は、9組に1組といわれ、年間2万人以上の方が体外受精などの高度不妊治療で妊娠されています。

不妊治療と言うと、時間と高額な治療費といった印象をお持ちかもしれませんが、ご夫婦で早期に適切なアドバイスのもとで検査や治療を受けて頂くと、保険診療内で多くの問題は解決します。

当院生殖医療科は「神戸市特定不妊治療指定医療機関」に登録されており、検査やタイミング治療、人工授精はもちろん、体外受精・顕微授精・凍結受精卵(胚)移植など高度生殖補助医療も行っております。生殖医療科が開設されてから10年以上が経ち、これまでに2000名以上の患者様が妊娠されました。

また、不妊原因と関わりのある「子宮筋腫」や「子宮内膜ポリープ」、「子宮内膜症」などの治療にも力を入れ、婦人科の医師とも協力して手術や治療を行っております。
生殖医療から、妊娠・分娩・新生児医療まで継続して通院して頂くことができるのも、当院の魅力のひとつと考えております。

その他、「不妊カウンセラー」や「体外受精コーディネーター」による「個別不妊相談室」を設けて、患者様おひとりおひとりの気持ちに寄り添った治療・サポートができるように取り組んでいます。経験とチームワークで治療のサポートさせて頂きます。どうぞお気軽にご相談ください。

生殖医療科を初めて受診される方へ

生殖医療科を診察希望されるご主人へ

セミナー・不妊相談

担当医師 プロフィール

半田 雅文 / Masafumi Handa

不妊治療は妊娠することがゴールではなく、元気な赤ちゃんをお母さん、お父さんに抱いていただくことがゴールだと考えております。アドベンチスト病院の生殖医療科は産婦人科はもちろんのこと、内科、外科など 他科の医師とも情報を共有し、密な連携が可能です。 そのため、基礎疾患などを持った患者様や流産の経験、妊娠中の経過に不安のある患者様にも安心して不妊治療・不育治療を受けて頂けると思います。 約20年間、生殖医療に関わってきた経験を生かして、お子さんを望む皆様の想いにお応えできますよう努力して参ります。

出身大学
  • 1986年(昭和61年)兵庫医科大学卒業
得意・専門分野
  • 生殖医療
専門医等
  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医

 

久保田 陽子 / Yoko Kubota

患者様が抱える不安を少しでも減らせるよう、1つ1つ丁寧に診療させていただきます。よろしくお願いします。

出身大学
  • 2009年(平成21年)島根大学医学部医学科卒業
得意・専門分野
  • 産科婦人科一般
専門医等
  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医

胚培養士 プロフィール

永井 ゆかり / Yukari Nagai
出身大学
  • 大阪薬科大学薬学部
資格等
  • 第1回日本卵子学会認定胚培養士
  • 日本不妊カウンセリング学会認定体外受精コーディネーター
  • 薬剤師
職歴 23年
患者様へ 最善の治療を受けていただけるよう、患者様お一人お一人に心を込めて寄り添うよう努めていきます。
持田 菜穂子 / Nahoko Mochida
出身大学
  • 東北大学農学部
  • 群馬大学大学院医学系研究科修士課程 修了
  • 兵庫医科大学産婦人科にて学位取得(医学博士)
資格等
  • 第3回日本卵子学会認定胚培養士
  • 日本臨床エンブリオロジスト学会認定エンブリオロジスト
職歴 16年
患者様へ 皆さまに良い結果をご報告できるように、日々、卵子・精子と真摯に向き合っていきます。
永井 紗弥香 / Sayaka Nagai
出身大学
  • 神戸常磐短期大学衛生技術科
資格等
  • 第7回日本卵子学会認定胚培養士
  • 臨床検査技師
職歴 12年
患者様へ 少しでも多くの患者様のお力になれるよう愛情をもって仕事に取り組んでいきたいと思います。

取り扱っている主な疾患・治療

  • 排卵障害
  • 卵管通過障害
  • 着床障害
  • 頚管粘液分泌障害
  • 子宮奇形
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 乏精子症
  • 精子無力症
  • 不育症

当科を受診される患者様の主な症状

赤ちゃんがほしいのに、なかなか妊娠できない。
流産を繰り返す。

不妊症って何?検査や治療について知りたい

/ 不妊症とは?/ 不妊症の原因 / 不妊症のスクリーニング検査 / 不妊症の治療 / 体外受精について / 妊娠率を下げるものを避けましょう / 体外受精治療費(特定不妊治療助成事業)

不妊症とは?(早期受診のすすめ)

日本産科婦人科学会では1年間避妊せずに性交渉を持っているのに、妊娠されないカップルに関して、「不妊症として検査をしましょう」とすすめています。

結婚年齢(妊娠希望の年齢)が高まる傾向にある欧米では、6ヶ月妊娠しなかった場合でも不妊検査を始めるように指導しているところもあります。

また、すでに子供がいる場合は、「不妊症でない」とは言えません。
一人目はすぐ妊娠したのに、二人目がなかなか妊娠されないカップルもたくさんいらっしゃいます。これは女性の年齢が高くなること、それ以外にも、出産後ホルモンのバランスが崩れる場合や、子宮内の変化、そして、男性も数年のうちに精子の数や運動性が低下する場合などが原因として考えられます。

近年、晩婚化が進み不妊症となるご夫婦が増えています。 少しでも気になることがあるようなら、ためらわず早期に相談することが大切です。

不妊症の原因

不妊症の原因はさまざまですが、男性側と女性側の割合は約50%ずつです。以前は女性側に原因があることが多いと言われていたのですが、近年、男性側に原因がある方も増えています。

【女性側の原因】
  • 排卵障害(成熟卵を安定して排卵できない)
  • 卵管通過障害(両方の卵管がつまっている)
  • 着床障害(卵子がうまく子宮に着床できない)
  • 婦人科疾患と関係した不妊症(子宮奇形 子宮内膜症・子宮筋腫など)
  • 頚管粘液分泌障害(精子を子宮にむかえ入れる粘液が子宮入口からうまくでない)
  • 免疫性不妊(血液中に精子に対する抗体がある)
  • 原因不明不妊症 など
【男性側の原因】
  • 乏精子症(精子が少ない)
  • 精子無力症(精子の動きが悪い)
  • 無精子症(精子が全く無い)
  • 性交障害(身体的なものから心理的なものまで様々) など
不妊症のスクリーニング検査

当科での特徴的な検査として、最先端のCCDを用いた子宮鏡検査があります。この検査は着床障害に対する有効な検査で、ほとんど痛みもなく数分で終了し、結果説明後にお帰りいただけます。

【不妊症検査】

超音波検査 …子宮や卵巣の状態を観察し、排卵日を予測したり、子宮筋腫等の疾患がないか観察します。
ホルモン検査 …血液検査で排卵に関わる様々なホルモン値を調べます。
頸管粘液検査 …精子の通過に必要な粘液の有無を調べます。
精液検査 …精子に異常がないかどうかを調べます。
抗精子抗体測定 …精子の動きを止める抗体を持っているかを調べます。
子宮鏡検査 …子宮内の状態を調べます。
子宮卵管造影検査 …卵管が通っているかどうか調べます。また子宮内の形の異常がないか調べます。

不妊症の治療

上記の検査で明らかな問題を認めない場合は、まず以下のような治療を行います。何か検査で異常がみつかった場合には医師と相談しながら、患者様の症状にあった治療を行っていきます。

【①タイミング法】
  • 排卵日にあわせて性交渉のタイミングを合わせる方法です。
  • 排卵のチェックには基礎体温表、超音波検査による卵胞の確認、子宮内膜の状態の確認、頚管粘液の分泌量と性状の確認、血中卵胞ホルモンの測定、尿中や血中の黄体化ホルモン(LH)の測定などがあります。

これらを組み合わせて、排卵日を予測し、性交渉を持っていただきます。

※ホルモン値が低い場合や排卵障害を認める場合は排卵誘発剤やホルモン補充を行う場合があります。

【②人工授精(AIH:配偶者間人工授精)】

夫の精子を排卵日にあわせて、妻の子宮内に注入する方法です。

<次の症状が対象となります>

  • 乏精子症
  • 精子無力症
  • 頚管粘液分泌不全
  • 精子頚管粘液不適合
  • 性交障害(手淫で精子が得られる場合)
  • 原因不明不妊症
  • 免疫性不妊症(抗体の強さによっては自然妊娠が期待できる場合もあります)
  • 両側卵管が閉塞している場合は上記の方法では妊娠が不可能なので、卵管の通過性を手術(腹腔鏡手術や卵管鏡下卵管形成術)で回復させるか、体外受精の適応になります。
  • 人工授精でも妊娠しないような男性因子の場合は体外受精や顕微授精の適応になります。
  • 人工授精で妊娠しなかった原因不明不妊症のカップルも体外受精の適応になります。

婦人科疾患を合併した不妊症の方の場合、疾患の治療を優先するか、不妊治療を優先するかはそのカップルによって異なりますので、随時、担当医と相談しながら、治療を進めることになります。

【③男性側の原因に対する治療】

原因が判明している場合は原因に応じた治療を行います。

  • ホルモン因子の場合はホルモン剤の投与
  • 精索静脈瘤の場合は泌尿器科にて外科的治療などを行います。
  • 原因不明の場合、ビタミン剤、サプリメントの投与や漢方薬の投与などを行います。
  • 無精子症でも精巣中に精子を認めた場合は、精子を採取し、顕微授精を行うことで妊娠することが可能です。
  • 脊髄損傷などで射精障害になっている場合は電気刺激等で射精を行うか、精巣中の精子を採取して、顕微授精を行うことで妊娠することが可能です。
【④体外受精・顕微授精】
体外受精について

体外受精・顕微授精については、毎月 体外受精(IVF)セミナーで詳しく説明しています。治療をお考えのカップルは受講して、治療や費用に関する理解を深めてください。
以下に、体外受精・顕微授精について簡単にご説明します。

高度生殖補助医療 ~体外受精・顕微授精~ ってなに?

通常の妊娠では、下図にお示しするように、排卵 (図①) された卵子は卵管内で精子と受精します (図②)。そして受精卵(胚)は、分割(細胞分裂)しながら卵管から子宮へ移動し、受精して5~7日後、子宮内膜に着床します (図③)。

体外受精・顕微授精は、薬 (経口薬、点鼻薬、注射など) によって卵巣を刺激し、1回の採卵で複数の卵子を採取し、受精を確認し、の中から形態が良好なものを1個選んで子宮に戻すのが通常の方法です。

まず、排卵直前の卵子を採取し【採卵】、培養液の中で精子と受精させます【体外受精】。男性不妊症など体外受精では受精しないような場合は、成熟した1個の卵子に1個の精子を注入することにより授精させます【顕微授精】。
正常に受精した胚は、培養液の中で培養を続け、受精後3~5日目に分割した胚を子宮に戻します【胚移植】。

通常の妊娠と異なる点は

卵子を体外に取り出して、受精させる
受精後は体外環境で培養した胚を子宮に戻す

という人為的な操作が加わることです。

 ~体外受精を始める前に準備すること
(1)説明会で治療についての理解を深める

「体外受精セミナー」で治療スケジュールや妊娠率、費用についての理解を深めてください。詳細はこちら

体外受精セミナーに参加できない方は有料個別体外受精セミナーを受けてください。詳細はこちら

(2)担当医師に希望を伝える

体外受精治療前の準備(必要な検査など)は、患者様の状態によって異なります。担当医に意思を伝え、スケジュールを確認してください。

(3)同意書・夫婦証明の提出

体外受精・顕微授精・胚凍結融解に関する同意書にサインの上、夫婦証明書類と一緒に担当医に提出してください。

(4)必要な検査を受ける

体外受精を行う前に、必ず血液検査や尿検査、心電図検査を受けてください。検査内容は患者様によって異なります。ご主人は血液検査と精液検査を受けてください。

以上の準備が完了すれば、医師と相談した時期から、治療開始となります。

妊娠率を下げるものを避けましょう
【喫煙】

喫煙は末梢の血管を収縮させ、血液の循環を悪くします。
ホルモンは血液の流れで運ばれますので、ホルモンのバランスが崩れる要因になります。

また、喫煙による一酸化炭素の上昇と低酸素状態は直接不妊の原因になりますし、妊娠が成立してからの流産の原因や胎児の異常の原因になります。

【肥満とやせ】

日本産科婦人科学会ではBMIが「19未満」がやせ、「25以上」が肥満と定義しています。
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算します。

BMIが30以上になると妊娠率は低下し、6週未満の流産率が増加するという報告があります。

肥満の方が子供さんを望まれる場合は、まずダイエットを考えてはいかがでしょう。ただ、極端なダイエットはホルモンのバランスを崩す可能性がありますので注意が必要です。

当院では栄養士による食事指導や運動療法も行っております。バランスのよい食事を少し少なめに摂るようにして、適度な運動を組み合わせ健康的なダイエットを心がけてください。

また、BMIが19未満でも不妊治療の成績が下がり、不妊治療にかかるコストが増えるという報告があります。

やせの方はなかなか体重を増やすことは出来ません。また、自分では気づかないうちに偏食になっている人も沢山います。
バランスのよい食事を効率的にとるために栄養指導を受けられてはいかがでしょう?何をどのくらい食べるのが普通なのかを知ることが大切です。
また、微少元素や甲状腺ホルモンの検査が必要になる場合もあります。

【ストレス】

ストレスを減らしなさい。と言って、減らすことが出来る人はほとんどいないでしょう。でも、過度なストレスは女性も男性も妊娠にはよくありません。

体外受精治療費(特定不妊治療費助成事業)

不妊治療の中で、人工授精・体外受精・顕微授精は自費診療となります。そのため、治療を受けられる方には大きな経済的負担がかかっているのが現状です。

当院は特定不妊治療費助成事業の指定医療機関です。条件付で体外受精、顕微授精に要する費用の一部が助成される場合があります。詳細はお住いの都道府県(政令指定都市又は中核市)までご相談ください。(人工授精には補助が出ない自治体もあります)

基本的な治療費シュミレーション

自費診療料金一覧 2020年2月1日以降

1.採卵前の外来診察

内容 費用(消費税込)
再診料 500円
超音波検査 卵胞の大きさ、子宮内膜の厚さの計測 2,000円
IVF前検査 血液検査・心電図検査

(検査項目は同意書に記載)

8,000~9,000円

2.注射

内容 費用(消費税込)
FSH FSH製剤 300単位 5,700円
FSH製剤 225単位 4,370円
FSH製剤 150単位 2,850円
HMG HMG製剤 450単位 8,560円
HMG製剤 300単位 5,700円
HMG製剤 225単位 4,370円
HMG製剤 150単位 2,850円
HCG HCGオビドレル 3,160円
HCG5000単位 1,420円
アンタゴニスト セトロタイド 0.25mg 8,250円
黄体ホルモン プロゲストンデポー 125mg 1,010円

注射施行日にお支払いください。休診日に注射施行した場合は後日外来受診時のお支払いとなります

3.血液検査・尿検査(自費)

内容 費用(消費税込)
血液中 220円
亜鉛 1,100円
ビタミンD 4,400円
マグネシウム 55円
葉酸 1,320円
DHEA 1,375円
血液中
ホルモン
AMH(抗ミューラー菅ホルモン) 4,580円
E2(エストロゲン) 1,000円
P4(黄体ホルモン) 900円
LH(黄体化ホルモン) 900円
尿中HCG 妊娠検査 550円~2,390円
尿中LH 排卵検査 700円

4.内服薬・貼り薬・点鼻薬(当院への支払額)

内容 費用(消費税込)
点鼻薬(ブセレリン) 排卵をコントロールする薬  1本 6,410円
排卵を抑える薬 レルミナ  1錠 1,000円
女性ホルモン(内服薬) プレマリン  1錠 31円
女性ホルモン(貼り薬) エストラーナ  1枚 122円
黄体ホルモン(内服薬) ルトラール  1錠 39円
黄体ホルモン(内服薬) デュファストン  1錠 49円
黄体ホルモン(膣錠) ルティナス錠   自己挿入  1錠 374円
黄体ホルモン(膣ゲル剤) ワンクリノンゲル 自己挿入  1本 1,320円

※別途院内調剤料550円がかかります。

5.採卵、培養、胚移植費用

内容 支払日 費用(消費税込)
採卵(卵子が取れた場合) 採卵日 99,000円
体外受精 胚移植日 143,000円
顕微授精 胚移植日 220,000円
胚移植 胚移植日 88,000円
追加培養(3日間) 胚移植日 33,000円

6.その他各種手技料

内容 支払日 費用(消費税込)
アシステッドハッチング 胚移植日 27,500円
胚凍結実施 凍結数 1~ 4個 胚移植日 16,500円
凍結数 5~ 8個 胚移植日 33,000円
凍結数 9~ 12個 胚移植日 49,500円
凍結数 13個以上 胚移植日 66,000円
胚融解 胚移植日 22,000円
胚凍結保管(1年目) 後日外来受診日 22,000円
胚凍結保管(延長) 詳細はこちら 27,500円
精子凍結実施 精子凍結日 11,000円
精子凍結保管(1年目) 精子凍結日 16,500円
精子凍結保管(延長) 詳細はこちら 27,500円
精子融解 採卵日 3,300円
精巣精子融解 採卵日 5,500円

7.治療中断した場合の費用

内容 支払日 費用(消費税込)
採卵したが卵が得られなかった場合 採卵日 99,000円
排卵していて卵が得られなかった場合 採卵日 33,000円
受精しなかった場合 追加(受精・培養)費用なし
胚の発育が停止した場合 追加(受精・培養)費用なし
凍結胚移植予定だったが、融解後に患者様のご都合で移植中止を希望され再凍結した場合 後日外来受診日 33,000円
凍結胚移植予定だったが、融解した胚が変性し移植中止となった場合 胚移植日 5,500円

診療実績

こちらからご覧ください

お知らせ

特定不妊治療費助成事業についてのご案内

兵庫県 / 神戸市 / 西宮市 / 尼崎市 / 京都府 / 福知山市 / 丹波市 / 大阪府 / 丹波篠山市