ご利用案内

キリストの愛と確かな医療をもって心と体のいやしをめざします。

過多月経 MEA治療

過多月経(かたげっけい)とは?

月経時の出血量が極端に多いために、日常生活や健康にさまざまな影響を及ぼす病気です。

 

国内では推計600万人が過多月経であるといわれていますが、その約7割の方が受診していないのが現状です。過多月経の治療として、従来の薬物療法・手術療法に加えてMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)治療が始まり、平成24年4月1日より、健康保険対応となりました。

MEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)治療とは?

子宮の表面は、子宮内膜という組織で覆われています。月経とは、この子宮内膜の一部が剥がれ落ちることによって起こる出血を言います。  MEAは、直径4mmの金属管を用いて、子宮腔内をマイクロ波で加熱し組織を壊死させることによって出血量を減少させる治療です。

マイクロ波を照射する時間は子宮腔の大きさによりますが、5分~数10分程度です。

MEAの適応と除外症例
〇 適応 × 除外症例
  • 良性疾患による過多月経
    (子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープなど)
  • 血液疾患や抗凝固療法による過多月経
  • 機能性過多月経
  • 不正性器出血
  • 将来、妊娠希望をお持ちの方
  • 大きな粘膜下筋腫(直径 3cm 以上)
  • 子宮内腔の著しい変形
  • 悪性疾患
  • 薄い子宮筋層(厚さ10mm未満)

過多月経でお悩みの方、
MEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション治療)について
詳しくお知りになりたい方は、当院婦人科でご相談ください。