受診案内

キリストの愛と確かな医療をもって心と体のいやしをめざします。

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術とは

腹部にいくつかの小さな切開を行い、切開部位から鉗子やカメラを挿入して行う手術です。開腹手術よりも視野が広くなり、カメラで拡大された画像により繊細な手術が可能です。傷や痛みが少なく、出血量や癒着も軽減されます。

腹腔鏡下手術が有効な疾患

など、当院では良性疾患を適応としています。

腹腔鏡下手術のメリット

  • 開腹手術に比べて傷・痛み・出血・術後の組織癒着が少ない。
  • カメラで拡大された画像を確認しながら手術を行うので、開腹手術よりも視野が確保しやすい。
  • 細かい組織を視認でき、繊細な手術が可能。

腹腔鏡下手術の注意点

  • 手術が長時間になりやすく、手術時間が延びると身体への負担が大きくなる。
  • 筋腫等の摘出物の回収が困難な場合は、開腹手術に移行することがある。

腹腔鏡下手術についてのよくある質問

Q:麻酔について教えてください

A:当院では、全身麻酔による腹腔鏡下手術を行います。麻酔は麻酔科医が実施いたします。

 

Q:どのくらい入院するのですか?

A:通常は7日間の入院となります。追加治療が必要になった場合は、入院期間が延長される場合もあります。