ご利用案内

キリストの愛と確かな医療をもって心と体のいやしをめざします。

胆石の話

胆石とは…?

胆石とは胆管や胆嚢の中にできる石のことです。胆管は胆汁を肝臓から十二指腸へ運ぶための「くだ」で、胆嚢は胆管の途中にぶら下がっている「袋」です。胆管の中の石を胆管結石、胆嚢の中の石を胆嚢結石といいます。胆管結石のほとんどは胆嚢結石が胆管へこぼれ落ちたものです。胆石はコレステロールやビリルビンといった物質からできていますが、胆石ができやすい原因はよく判りません。

胆管結石では黄疸(体が黄色くなる)、発熱、腹痛がおこります。胆嚢結石では右上腹部に突然おこる激しい疼痛(胆石発作)や発熱がおこります。胆嚢結石があっても知らずに過ごしていることもあり、人間ドックの腹部超音波検査(エコー)で偶然見つかったりします。

検査

  • 胆管結石の診断は、MRIを利用した胆管の撮影(MRCP)によって行います。
  • 胆嚢結石の診断は、腹部超音波検査(エコー)によって行います。

胆管結石は放っておくと黄疸や膵炎をおこし致命的なことがあるので、すぐ治療してください。神戸アドベンチスト病院消化器科では、内視鏡(カメラ)を口から入れて胆管結石を引っ張り出してくる治療法(内視鏡的乳頭括約筋切開術:EST)を行っています。お腹の表面に傷が残ることはなく、入院期間も短くて済む方法です。

胆嚢結石のために痛み(胆石発作)がおきている場合などは手術が必要です。神戸アドベンチスト病院外科では、腹腔鏡を利用した胆嚢摘出術(腹腔鏡的胆嚢摘出術)を行っています。これはお腹に1cm程度の穴を数カ所空け、そのうちの1カ所から腹腔鏡(カメラ)を入れ、胆嚢を見ながら切りとるという手術です。この方法では1cm程度のきずが数カ所残るだけで、入院期間も短くて済みます。なお、胆嚢結石のほかに胆管結石もある時は、消化器科と外科が連携して、まず消化器科で内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)を行い、次いで外科で腹腔鏡的胆嚢摘出術を行ない、速やかに治療が終了するようにしています。

その他の詳しいことは、医師にお尋ね下さい。