当院について

キリストの愛と確かな医療をもって心と体のいやしをめざします。

指標(令和元年度) 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 100 9 88 252 236 190 215 388 397 158

「入院治療をお受けになられた0歳から90歳を超えられる患者さまの年齢層の数を表示しております。
社会と地域の高齢化を反映して、当院の入院患者さまは70歳代、80歳代が多く、全体の約38.6%を占めています。30歳代は、産科(出産)の患者さまが多く、令和元年の年間分娩件数は410件でした。また分娩数に比例して新生児「0~」の数が多くなっております。
※正常分娩と緩和ケアの患者さまは、DPC対象外症例のため上記の数から除外されております。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 28.32  20.84 10.53 88.26
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 12 26.67  12.58 16.67 71.17
0400801499×002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)

内科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。
呼吸器疾患の患者さまが多く特に肺炎、誤嚥性肺炎の疾患が多く入院されます。
※10症例以下はハイフンで表示しております。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 95 5.16  5.02 0 69.29
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 3.33  3.01 0 72.15
050130xx99000x 心不全 33 26.97  17.71 9.09 87.27
050070xx99000x 頻脈性不整脈 27 5.48  7.56 3.7 70.85
050130xx9901xx 心不全 26 25.88  19.44 19.23 81.31

循環器内科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。
消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 113 1.63  2.63 0 69.74
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 14.14  9.79 0 80.91
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 6  7.42 0 67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患

消化器内科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。
※10症例以下はハイフンで表示しております。

当院消化器内科の医師は内科の診療も行ないますので、肺炎での入院件数が多くなっております。
内視鏡的結腸ポリープ切除での入院が多数ありますが、地域包括ケア病棟での入院となりますので、上記DPC入院患者数には含まれておりません。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 6.04 7.13 0 61.4
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 14 9  4.85 0 68
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 12 9.83 10.34 0 54.42
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍

外科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。
※10症例以下はハイフンで表示しております。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 23 45.61 25.94 13.04 84.96
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
160850xx01xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 定義副傷病 なし
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折
070350xx99x0xx 椎間板変性、ヘルニア
160820xx99xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼

整形外科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位6疾患を示しております。(5位が同患者数で2件あったため、合計6件を表示しております)
※10症例以下はハイフンで表示しております。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 63 11.46 9.66 0 34.78
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 61 2.93 2.90 0 40.51
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 59 3.76 6.09 0 44.76
120140xxxxxxxx 流産 51 1.2 2.51 0 34.8
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 45 10.29 8.65 0 69.42

産婦人科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位5疾患を示しております。

「胎児及び胎児付属物の異常」…帝王切開。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 71 4.2 6.17 5.63 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 20 8.85 11.16 10 0
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2 なし  –
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)
080110xxxxx0xx 水疱症
140010x197x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満)

小児科に入院された患者さまのうち症例数の多い上位7疾患を示しております。(4位、5位が同患者数であった為、合計7件を表示しております)
※10症例以下はハイフンで表示しております。


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 8
大腸癌 1 8
乳癌 4 13 7 4 0 5 1 8
肺癌 1 7.8
肝癌 1

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

がんの患者さまの進行程度を示した表となります。※10症例以下はハイフンで表示しております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 15.36 58.18
中等症 33 16.91 77.61
重症 11 13.09 80.82
超重症
不明

※10症例以下はハイフンで表示しております。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他

※10症例以下はハイフンで表示しております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

総合内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
 K6113  抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 10 19.3 56 0 72.2
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)

総合内科で行った手術件数の多い順に記載しております。
※10症例以下はハイフンで表示しております。

 循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 75 1.15 3.03 0 70.24
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 19 2.63 5.84 0 72.68
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 19 0.68 1.32 0 64.74
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 10 5.1 6.5 0 74.9
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)

循環器内科で行った手術件数の多い順に上位5術式について記載しております。
他科での入院加療後、緊急で循環器内科の手術を行った患者様は上記患者数に含まれておりません。
※10症例以下はハイフンで表示しております。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 120 0.67 0.54 0 69.6
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 22 1.73 11.6 22 81.8
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)

消化器内科で行った手術件数の多い順に上位5術式について記載しております。
大腸ポリープや大腸粘膜内にとどまった早期の大腸にできた腫瘍に対し、内視鏡を使って行われる手術が多く、通常は入院当日に内視鏡手術を行い、翌日には退院します。早期がんの発見につながります。
※10症例以下はハイフンで表示しております。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 33 1.76 4.58 0 62.09
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 15 0.87 6.93 0 64.93
K6335 鼠径ヘルニア手術 10 8.2 3.3 0 73
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術

外科で行った手術件数の多い順に上位5術式について記載しております。
※10症例以下はハイフンで表示しております。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 21 2.52 41.76 9.52 84.43
K0811 人工骨頭挿入術(股)
K0462 骨折観血的手術(前腕)
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(膝蓋骨)
 K0732 関節内骨折観血的手術(足)

整形外科で行った手術件数の多い順に上位6術式について記載しております。
(3位が同患者数で4件あったため、合計6件を表示しております)
※10症例以下はハイフンで表示しております。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 58 0.98 1.05 0 40.55
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 58 1.21 9.67 0 34.86
K9091 流産手術(妊娠11週まで)(その他) 50 0.12 0.02 0 34.78
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 45 0.96 1 0 43.84
K867 子宮頸部(腟部)切除術 36 0.94 1.72 0 44.33

産婦人科で行った手術件数の多い順に上位5術式について記載しております。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度)
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度)

小児科で行った手術件数の2術式を表示しております。※10症例以下ですのでハイフンで表示しております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

※10症例以下はハイフンで表示しております。

上記の傷病は、いずれも一般に、手術や処置などの医療行為に伴って合併症として発症することが多いとされるものです。※日常生活の中で発症する場合もあります。合併症は、起こさないようにどんなに注意を払っても、日常生活や治療に伴って一定の確率で不可避的に発生するものであると言われています。当院では、万一合併症が発生した場合でも迅速に対応できるよう努めております。

更新履歴

2020.9.03
令和元年度を公開