ご利用案内

キリストの愛と確かな医療をもって心と体のいやしをめざします。

狭心症・心筋梗塞

胸が締め付けられるのは危険なサインです。

  • 心筋梗塞は、生命の危険をともなうことがあります。
  • 心筋梗塞は急性の冠動脈閉塞のため心筋が時々刻々と死んでいく病気です。以前は死亡率が30%を超えていましたがカテーテル治療が発達し、入院後の死亡率は最近7%程度になりました。一方、病院に到着する前の死亡率は依然高く14%以上といわれています。 *
  • 心筋梗塞の原因は冠動脈内に蓄積するプラーク(下図)です。活動性の高いものは急に破裂して短時間で冠動脈を閉塞させます。破裂によって漏出した成分が強い冠動脈れん縮と急速な血栓を誘発するからです。一方、狭心症は冠動脈の緩徐に形成された狭窄で生じ、症状もより軽いのですが心筋梗塞の前病変としても軽視できません。また、心不全、重症不整脈の真犯人である場合も多々あります。
  • 冠動脈造影とカテーテル治療が心筋梗塞から命を救う第一線の診療となってきました。

*ICUとCCU 2005.SOS-KANTO.CireJ 2005,69:11157)

 

 

意外な症状に注意!
心筋梗塞で手遅れにならないために。

「多彩な症状」 「一旦痛みが軽減することがある」 「胃の痛みを間違えやすい」

 

どんな人がなりやすいのか。

  • 45歳以上の男性(閉経後の女性も意外と多い)
  • 糖尿病
  • LDLコレステロール140以上
  • 喫煙
  • 肥満
  • 高血圧
  • 家族歴(血縁者に心筋梗塞の人がいる)

カテーテル検査は約10分で終了します。

  • 冠動脈狭窄の正確な診断を約10分で行います。
  • 患者さまの負担を最小限にする工夫をしています。
  • (ジャドキンス法、ソーンズ法、皮膚麻酔シール)
  • 利き腕の反対の手首から行います。
  • すぐに歩行やトイレが可能です。
  • 状況によって日帰り検査が可能

カテーテル治療 PCI(ピー・シー・アイ)

カテーテルによる血管狭窄の治療で経皮的冠動脈形成術(PCI)ともよばれます。待機的PCIの約90%は手首から可能です。カテーテルを冠動脈の入り口まで挿入し、風船で狭いところを拡張した後、その部位にステントをいう高性能の金属でできた金網を拡げて血管をしっかり支えます。治療の所要時間は平均40分程度です。救急車で搬入されるような緊急重症例では2時間程度かかることもあります。  ステントはベアメタルと薬剤溶出性ステントの2種類があり、患者様に最適のものを選択して使用します。質の高い治療のために冠動脈内超音波(IVUS)も適宜行います。入院期間は心不全の合併のない場合、およそ3~7日です。