当院について

キリストの愛と確かな医療をもって心と体のいやしをめざします。

院長からの挨拶

院長 森 経春  Tsuneharu Mori

キリスト教プロテスタントの一教派であるアドベンチスト教会は、聖書に基づく健康原則を大切にし、1866年、米国ミシガン州において、その原則を体系化したアドベンチスト医療を開始しました。当初から病気の予防こそが究極の医療との信念に基づき、米国において禁煙やベジタリアン食の効用、ケロッグ医師によるコーンフレークの開発、ナッツの健康効果の研究など多くの健康的な習慣や食生活を具体的に提案しながら、世界的なレベルにおいて健康増進に貢献してきました。

また先端医療の分野では、米国での小児心臓移植や心臓カテーテルの開発(ジャドキンス医師)、がんの陽子線治療など、世界でさきがけとなった治療が広く知られています。
神戸アドベンチスト病院はこのような伝統を背景に、1973年、全世界に500以上あるアドベンチストヘルスケアシステムの一員として設立されました。

開院当初からの産婦人科、次にホスピス医療が特徴的でしたが、最近は、救急医療や在宅医療にも力を注ぎ、変化する時代の要請に対応しながら発展してきました.現在、救急指定病院として神戸市二次救急や緊急心臓カテーテル治療を担う循環器救急輪番を担当し、各診療科が協力して急性期医療を行なっています。

キリスト教的愛の精神に基づく全人的医療を土台とし、予防医学から急性期医療に至るまで、そして誕生から終末期に至るまで、人生のあらゆる状況とステージにおいて、地域の皆様の健康増進に少しでも貢献できればと願っております。